ブラジャーのワイヤーが痛い原因と対処法!(真ん中・アンダー・脇)

ブラジャー ワイヤー 痛い お胸のお悩み

ブラジャーのワイヤーが痛い原因と対処法を、痛みの場所ごとに解説していきます(真ん中・アンダー・脇)。

あわせて痛くなりにくい選び方や、おすすめをご紹介♪

参考にどうぞ(*^^*)

ブラジャーのワイヤーが痛い原因は場所(真ん中・アンダー・脇)による!対処法・痛くない選び方は?

 

ブラジャー ワイヤー 痛い

 

「ブラジャーのワイヤーが痛い・・・」とお悩みの女性は案外多いです。

 

どのブラでも痛みが出る方や、ひとつのブラだけ痛む場合などパターンはありますが、痛みの箇所によって原因はことなります。

 

 

今回はそんなワイヤーの痛みにフォーカスして、痛む原因と対処法を場所ごとに解説していきます!(真ん中・アンダー・脇)

 

真ん中(中央)のワイヤーが痛い原因

ブラジャー ワイヤー 痛い 真ん中 中央 

ワイヤーによる痛みで1番多いのは、お胸の中心部の痛みです。

 

 

実際、ノンワイヤーの商品をお探しのお客様によくよく聞いてみたら「ワイヤー入りは中央が痛いから」という方は3~4割くらいいらっしゃいます(筆者の体験談)。

 

 

痛みの原因は、ワイヤーとの間にクッションとなるお肉が少ないこと。

とくに細身の方に多いお悩みですが、以前より痩せた時にも痛みが出ることがあります。

 

 

こういった中心部の痛みの場合、ブラジャーの選び方次第で痛みにくくなる可能性は大です!

 

選び方のコツは、中心部のワイヤーが低いものを選ぶこと!!(L字ワイヤーなど)

 

 

ほんとにこれだけです。

中心に当たるワイヤーが最初から無いものを選べばOK!

 

 

一般的にL字ワイヤーのカップはお胸の形にフィットしやすく、すき間があきにくいのもポイントです。

 

メーカーによってワイヤーの形に偏りがあるのですが、ピーチ・ジョンさん、tutuannaさんなど比較的若い女性向けのお店はL字商品をたくさん置いていますのでご参考に(*^^*)

 

脇のワイヤーが痛い(刺さる)原因

ブラジャー ワイヤー 痛い 脇

続いて、脇のワイヤーが痛い原因です。

 

この場合の原因は、ワイヤーの幅がお胸に合っていないこと。

 

 

ワイヤー幅が大きすぎることで脇の部分までワイヤーが届いてしまい、刺さったりこすれたりして痛みが出ている状態です。

 

いつもと同じサイズをお使いであっても痛みがある場合は、メーカーや商品によってワイヤー幅は異なりますのでそれが原因なのかもしれません。

 

(例えばワコールさんの商品はワイヤー幅が大きめのものが多い、など。)

 

 

試着のときには前後に腕を振ってみて、こすれ・違和感がないか忘れずチェックしましょう!

 

 

お胸よりワイヤー幅が大きいものを使うと、その分横に広がってお胸の高さがへってしまうので、その意味でもぴったりのブラの使用を強くおすすめします。

 

 

ちなみに下の画像がワイヤー幅がぴったりの目安になります。

ブラジャー ワイヤー 痛い 脇 原因
(出典:AMPHI)

気をつけの状態でワイヤーの上端がちょうど隠れるか、隠れないかくらいですね。

 

 

ワイヤー幅は狭すぎてもサイドのお胸が潰れて痛みが出てしまうので、正面から見たときに脇まで届くサイズを選びましょう。

 

1カップ上げるとだいたい指一本(1センチくらい)ワイヤー幅が広くなります(*^^*)

 

 

ついでに、カップの上端もわきと同じくらいの高さになるようストラップを調整すると理想的なお胸の高さになりますよ~☆(肩の頂点でストラップの下に指1本入るくらいのキツさ)

 

 

アンダー(みぞおち・肋骨)のワイヤーが痛い原因

ブラジャー ワイヤー 痛い アンダー

続いてアンダー(みぞおち・肋骨)部分のワイヤーが当たって痛いケース。

 

この場合はいくつかの原因が考えられますので、1つずつ見ていきましょう。

 

原因①アンダーのサイズが小さい

ブラジャー アンダー ワイヤー

まずは単純な理由から。

アンダーがきついために、特に固さのあるワイヤー部分に痛みを感じている場合です。

 

 

太ったというわけでもなければ、アンダーのサイズ感についてもワイヤー幅と同様に商品によって異なるのでそれが原因になっている可能性があります。

 

 

ブラによってアンダー部分がよく伸びるものがあれば、最初からキツめのつくりになっているものもあります。

 

筆者のアンダーは67.5cmなのですが、ものによってはアンダー70でもなく更に大きいアンダー75でちょうどいい、なんて事も時々あるくらいなので(;^_^A

 

 

でもまぁ、こちらの原因についても試着で予防できそうですね!

 

 

お店の試着でアンダーを上げるときには1カップ下げると、カップの大きさは同じままアンダーの大きさを変更できますよ~(*^^*)

 

例えば、E70とD75のカップの大きさは同じでアンダーの着け心地だけ変わってきます。

自分の欲しいサイズがお店に無いときにも使えます☆

 

 

「もう買っちゃったよ!」という場合でもアンダーを伸ばす便利グッズがあるので、お気に入りでしたら試してみてもいいかなーと思います。

 

お手持ちのブラのホックに引っ掛けると5cmくらいアンダーが伸びます(笑)

 

原因②ワイヤーがねじれている

 

ワイヤー 痛い アンダー ねじれ

2つ目の原因は盲点というか、なかなか思い当たらないと思うのですが。

ブラジャー内のワイヤーがねじれているケースです。

 

 

ブラによってはフェットチーネパスタのような平らな形状のワイヤーが入っているものがあり、それが使い続けたり洗濯機で無理な力がかかることでねじれることがあります。

ワイヤー 痛い アンダー

 

ねじれたことで肌に向かってワイヤーが刺さってしまい、痛みが出ている状態ですね。

 

力技でなんとか戻せる場合もなくはなさそうですが、ワイヤーがねじれたものについては諦めた方が早いでしょう(-ω-;)南無南無

 

 

 

よく聞く『ブラジャーを洗濯機で洗っていいのか問題』についてですが、個人的な見解としては①ネットに入れる②ソフト洗いコース③すすぎまで、でしたら問題ないと思っています。

 

洗濯機で強い力がかかるのは脱水で振り回す時くらいなので。

 

 

すすぎが終わった下着は洗濯機から取り出して、タオルで包んで水気を切ってから干せばOKです!

 

原因③骨格に合っていない

ワイヤー 痛い アンダー 原因

3つ目の原因は、そもそも骨格に合っていないことです。

 

サイズがぴったりでも、正しく着用していても、それでもアンダー部分が痛む場合があります。

ちょうど骨の上にワイヤーが乗っかってしまう時です。

 

それはもう、残念ながら骨格に合っていないとしか言いようがないんです(´・ω・`)

 

 

デザインに惹かれて買ったとしても痛みがあるものは使わなくなりますので、試着で痛むようでしたら他を探すことをオススメします!

 

まとめ

ブラジャーのワイヤーが痛い原因と対処法についてご紹介しましたが、当てはまるものはありましたでしょうか?

 

ブラジャーの選び方次第で格段に痛みにくくなりますので、ぜひご参考に!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!



コメント